目尻の小じわは本当にできやすい(T_T)しわは3つの種類がある?

気づいたら目尻に小じわができていた、といった経験がある人は意外に多いのではないでしょうか。なぜなら目元は、ちりめんじわ、乾燥小じわといった細かいしわができやすい部分だからです。目元周辺は皮脂腺が少ないことから、肌が乾燥しやすい状態にあります。また、他の体の部位に比べ顔は皮膚が薄い方なのですが、特に目元周辺の皮膚は薄いです。皮膚が薄いということは、それだけ乾燥や刺激に弱く、シワができやすい状態にあるということです。

普段何気にしてしまっている行為が、実は目尻に小じわを作りやすくしてしまっていることもあります。花粉症やアレルギーの影響や、疲れ目などで目をこすったり、アイメイクを落とす時にゴシゴシ力を入れてこすることも影響します。こするという行為は、皮膚の薄い目元とって大きな負担を与えてしまいます。ただでさえ、刺激に弱い目元部分ですので、こするという行為は皮膚への大きなダメージとなり、小じわをできやすくしてしまいます。

この他にも、スマホやパソコンで目を酷使することも、目尻の小じわの原因となります。目が疲れてくると、目の周りの血行が悪くなります。それにより、ターンオーバーが乱れて肌バリア機能が低下してしまうことで、目尻に小じわができやすくなります。

シワには、大きく分けて3つあります。

1つ目は、表皮にできる浅いシワです。浅く刻まれた小じわや、縮れたようにできるちりめんじわなどがあります。主に、肌の乾燥や保湿力不足が原因でできるシワです。このタイプのシワは、化粧品などで乾燥対策や保湿力をアップさせるのが効果的です。目の周りのツボ押しや目元のマッサージで血行を促進するのも効果があります。紫外線によるダメージも大きく影響しますのでUV対策もしっかり行い、小じわの原因となる刺激の強い洗顔もしないようにします。表皮の浅い小じわは、こうした対策によって消したり、目立たなくさせることができます。

2つ目は、小じわがさらに進行し、肌の真皮層まで達してできた深いシワです。コラーゲンやエラスチンを作り出している真皮の機能が低下することによって、肌の弾力が失われ、深いシワを作り出してしまっている状態です。一番の原因は、加齢による組織の変化が関係していますが、紫外線や睡眠不足、栄養不足、血行不良といった生活習慣も大きく影響してきます。

浅い小じわとは違い、簡単に目立たなくさせることは難しいです。真皮が生まれ変わる周期は4~5年とされており、改善までにはかなり時間がかかります。目立たなくするためには、シワ対策に有効な成分が配合された化粧品を使用すると共に、生活習慣の見直しもしていくことが大切です。

3つ目の表情しわは、表情筋の収縮によって現れるシワです。年齢と共にシワの深さが増していき、固定化されてしまうことで目立つようになります。表情筋エクササイズなどで、改善が期待できます。目元に力が入りやすいことでも表情しわが現れやすくなるので、ストレッチや深呼吸でリラックスするのも効果的です。

目尻の小じわは、肌の乾燥が大きな原因の1つです。そのため、小じわ対策に効果的な成分は、肌の保湿力をアップさせてくれることがポイントとなります。保湿効果が高いセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などが有効です。表皮の小じわが進行してしまった真皮しわの場合には、肌の奥のハリを取り戻すことができる成分が有効です。コラーゲンやエラスチンといった肌のハリの源となる成分の他、コラーゲンの生成を促す働きのあるペプチド(EGF、FGF)、ビタミンC誘導体、レチノールといった成分なども、改善効果が期待できます。

目尻の小じわ対策には、目元ケアに特化したアイクリームを使用するのがおすすめです。ただ、それぞれに配合されている成分に違いがありますので、シワの状態に合わせて選ぶことが大切です。また、皮膚が薄く刺激に弱い目元に使用するものですので、選ぶ時には注意が必要です。摩擦刺激を抑える伸びのよさがあり、刺激の強い成分が入っていない低刺激なものを選ぶのがポイントです。

こうした有効成分は、深い真皮しわだと効果が実感しにくいかもしれません。ですが、乾燥小じわなどの浅い表皮しわの方は、比較的改善効果を実感しやすいことが多いです。

ほうれいせんは全ての女性の悩み?その原因と改善する方法は

しわのあるおばあさん

ほうれい線ができる原因は、大きく分けて2つのパターンがあります。1つは、肌のたるみです。肌のたるみは、加齢や紫外線の影響によりコラーゲンやエラスチンが減少し、皮膚の弾力やハリを保つ真皮層が変性することで発生します。また、顔の筋肉である表情筋が衰えることでも肌がたるみます。この他、顔の皮下脂肪が増えることでその重みを支えることができずに、たるみが発生することもあります。肌がたるんでくると頬が下がってくるため、ほうれい線として目立つようになります。

また、普段の何気ない行動でも肌のたるみは起こります。毎日同じ横向きの寝方をしていると、頭の重さや重力によって皮膚が引っ張られてたるみが発生します。頬杖や片側噛み癖でも皮膚がたるみやすくなります。こうした皮膚のたるみでも、ほうれい線が目立つようになってしまいます。

もう1つの原因は、肌の乾燥です。肌の乾燥は、加齢や紫外線、空気の乾燥の影響により、角質層の水分が不足している状態です。肌表面の水分が蒸散されると肌はハリや弾力が失い、キメが乱れて小じわが現れるようになります。その浅く細かい小じわがほうれい線へと進行してしまうのです。

ほうれい線のケアでは、原因となっている肌のたるみと乾燥を改善することがポイントです。

肌のたるみを解消するには、表情筋のエクササイズを行って鍛えるのが効果的です。口を閉じた状態で舌を左右に回す舌回しエクササイズや、水を入れたペットボトルを口でくわえるペットボトルエクササイズといった方法がおすすめです。肌の乾燥対策としては、セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸などの保湿力の高い成分が配合されている化粧品を使用するのが効果的です。肌の水分量が保持されることで、ハリや弾力が生まれるので、ほうれい線の改善に役立ちます。

この他、肌へのダメージをなくすためにも、日頃から紫外線対策に気を配ることが大切です。また、バランスのいい食生活や十分な睡眠、適度な運動といった規則正しい生活習慣を送ること、正しい姿勢を保つことも大切です。血流が促進されることで肌のターンオーバーが整い、ほうれい線の原因であるたるみの予防や改善に繋がります。
エクササイズや保湿ケアといった対策だけでなく、同時に普段の生活を見直していくことが、ほうれい線ケアには大切なポイントです。

マリオネットラインはほうれい線と似ている

また、ほうれい線と似ていますが口の両側からあごにに垂れ下がるようにできるのがマリオネットラインです。腹話術や人形劇で使われる人形のマリオネットの口元に似ていることからそう呼ばれています。ほうれい線と共に、顔が老けて見える大きな原因となります。こうしたことから、ほうれい線とマリオネットラインを合わせて、二重ほうれい線とも言われます。年齢を重ねることで深く目立つようになり、50代以降に現れやすい傾向にあります。ただ、生活習慣などの影響により、30代で現れることもあります。

このマリオネットラインとほうれい線の違いは、現れる場所にあります。ほうれい線は小鼻の横から口の両脇にかけて深くシワが入るのに対し、マリオネットラインはその下側にあたる、口の両脇からあごにかけてシワが現れた状態を指します。

ただ、マリオネットラインができる原因は、ほうれい線とよく似ています。マリオネットラインができる主な原因には、表情筋の衰えやコラーゲンやエラスチンといった肌内部の物質の減少による肌のたるみがあります。また、肌の乾燥による小じわがマリオネットラインへと進行することもあります。この他にも、頬杖や猫背といった日常的な癖も、マリオネットラインができる原因になります。