保湿の王様はヒアルロン酸!?ネバネバ保湿のすごさと上手な使い方は

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸はもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類の1つです。それ自体は粘性が高く、ネバネバしたテクスチャーをしています。ヒアルロン酸の特徴は、保水力が高いことです。ヒアルロン酸1gにおよそ2~6Lもの水分を保持できると言われています。この高い保水力を活かし、保湿成分として化粧品などによく利用されています。

化粧品に含まれるヒアルロン酸は、角質層の水分を抱え込み、それ以上の水分の蒸散を防ぐ働きがあります。これにより肌の乾燥を防ぐ効果が期待できます。ただ、ヒアルロン酸自体の分子は大きいので、そのままでは肌の角質層に留まるのみとなります。それでも肌表面の乾燥を防ぐ効果は期待できますが、さらに肌の内部にヒアルロン酸を浸透させるために、ナノ化といった低分子にする技術も進んでいます。

これにより、真皮までヒアルロン酸を届かせることができるので、肌内部の水分保持量を高める効果も期待できるようになりました。ヒアルロン酸によって肌内部のみずみずしい潤いがキープされることで、ハリと弾力が生まれ、シワやたるみなどの肌トラブルの予防や改善が期待できます。

ヒアルロン酸は肌のクッション?

ヒアルロン酸はもともと人体の細胞と細胞の間に多く存在する成分であり、水分保持やクッションのような役割を果たしています。

関節の軟骨や関節液の中にはヒアルロン酸が多く存在し、水分を保持することで衝撃を和らげたり、スムーズに関節を動かす潤滑油のような働きをしています。また、ヒアルロン酸は、眼球の硝子体と呼ばれる部分にも多く含まれています。緩衝作用や組織形状の維持の他、外からの光を網膜に伝えるのにも役立っています。この他にもヒアルロン酸は、卵巣の働きのサポートや、全身の栄養運搬などといった働きもしています。

様々な機能に関わっているヒアルロン酸ですが、加齢とともにどんどん減少していき、40代ではヒアルロン酸の量が赤ちゃんの頃のおよそ半分になるとも言われています。ヒアルロン酸が減少することで体の中の様々な器官の機能が低下し、関節痛や視力低下、生理痛、更年期障害など、様々な機能低下を引き起こすようになります。

こういったヒアルロン酸の減少による症状の予防、改善には、ヒアルロン酸が含まれるサプリメントや点眼薬、ヒアルロン酸注射などが有効だとされています。ヒアルロン酸は、肌だけでなく、体全体の機能向上にも役立つ成分です。

いろんな種類のヒアルロン酸が

ヒアルロン酸には、ヒアルロン酸ナトリウム、加水分解ヒアルロン酸、アセチル化ヒアルロン酸など、いくつか種類があります。種類によって特徴や使い心地に違いがあります。

ヒアルロン酸ナトリウムは、角質層の奥までは浸透せず、肌表面に膜を作ることでバリア機能をサポートしてくれます。加水分解ヒアルロン酸は、超低分子で肌内部への浸透性が高いのが特徴です。アセチル化ヒアルロン酸は、油分とヒアルロン酸をくっつけることにより保水性と柔軟性を高め、角質層に馴染みやすくしています。

高分子のヒアルロン酸は、浸透性こそ低いものの、長く体内に留まるメリットがあります。乾燥が酷い場合に最適です。使い心地はしっとりとしています。
低分子のものは高い浸透性があり、真皮までヒアルロン酸を届かせることができるので、シワやたるみといった肌トラブルを改善しやすくなるメリットがあります。ただ、分子が小さいと、分解して消えてなくなるのが早いのがデメリットです。使い心地はサラッとしています。

化粧品を選ぶ時には、表記されているヒアルロン酸の種類を確認して、肌状態や好みに合ったものを選ぶことが大切です。数日間使っただけではその効果は分かりかねますので、少なくとも1か月程度は使い続けて様子をみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です